おせち料理にかける費用はいくら?

年末の忘れてはいけないイベント。おせち料理の準備

その後近くになると、人々の動きは慌ただしくなります。正月には、人々が休むため事前に正月になる前に準備をしておかなければなりません。

また年が変わるため、翌年の準備をしなければなりません。その年に終わらすべきことは年内に終わらせなければならないため、師走の時期は非常に忙しくなります。

その忙しい中でも忘れていけないのがおせち料理になります。

かつては、多くの親せきを集めて自分たちで料理を作っていましたが、最近はスーパーに売っているおせち料理の素材を集め、購入する人と、そもそも自分では一切手を加えず販売されているおせちを購入する人にわかれています。

 

昔に比べるとおせち料理を購入する人が倍増している

特に業者が力を入れているのは、重箱ごと販売されているおせち料理になります。もともとは、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、デパートで販売されていましたが、最近は和食屋や有名老舗料理店でも販売するほどです。

これだけ販売されているということは、いかに自分たちでおせち料理を作る人が少なくなっているかわかるでしょう。

これは単に意識が薄いというよりも、昔に比べて忙しくなったからともいえます。一昔前のように、主婦は専業で自宅にいることは少なく、多くは働きに出ています。

その中で正月前にお節料理を作るのはかなり骨が折れる作業でしょう。実際に購入するとすれば、費用はどれぐらいになるかが気になるところです。

金額によって高級食材が入っている場合もある

安いものでは9800円ぐらいで購入できるものもありますが、高いものは10万円以上します。さすがに一般家庭で10万円のお節料理を注文する人は少ないです。

平均的には1万5千円から2万円ぐらいの料理を注文していることが多くなります。しかも、早割などを使うことによって1割から2割引きされた金額で購入しますので、2万円以上の費用をかけている人は少ないでしょう。

金額によって違うのは、重箱の中に入っているものが高級な素材なのかそうでないかの違いです。

あまり正月とは関係ない高級チーズなどが入っていることもありますが、多くの場合は手の込んだ海鮮料理などが入っています。

おせちの予約ってどんな方法があるの?

家に送られてくるカタログからおせちを選ぶ

毎年お正月が近づく度に、今年のおせち料理はどうしようかと悩みます。今年こそは手作りでと思いながら、結局楽な方を選び、おせちを予約してしまいます。

おせちを注文し始めの頃は、百貨店のおせちをよく注文していました。そして時々は、テレビショッピングのものも利用していました。

しかし、もう少し違うものでもと思い最近は、家に送られてくるカタログを見て注文しています。

私の場合、母が洋服など通販で購入するため、しょっちゅうカタログが贈られてきます。それを見ていると、結構たくさんのお店が出店をしているので、これでも良いかなと思うようになりました。

また、このカタログは一応百貨店のが出しているカタログなので、悪いものではありません。

インターネットは信頼できる店で購入するのがよい

今はインターネットでも様々な店が出店をしていて、かなり安いものあるようです。しかし、そのようなおせちの中にはひどいものもあったと、以前二ユースで報道されていましたので、やはり信頼のおけるところに注文したいと思っています。

知らないお店のものは、家に届いて、重箱を開けるまで心配です。がっかりするようなおせちでしたら、正月早々家族皆の気持ちがどんよりしてしまいます。

ここのところ、このカタログで注文しています。毎年同じものもありますが、新しいお店のものもあり、飽きずに楽しめます。

お値段も、色々選べます。またお店も関西だけでなく、よその地方の店もありますので、関西の味しか知らない私には新鮮で、勉強にもなります。

百貨店のおせちは実物通りで決まった日にちゃんと届く

予約注文は、家に届き、重箱を開けるまで、中身がどうか、味がどうかドキドキです。普通の家庭にとっては、家族分となると結構高額なものです。

しかし、百貨店関係の通販カタログは、やはり失敗はありません。中身も、カタログの写真通りですし、味も良いです。

信用できますので、お客様がいらしていても、心配はありません。きちんと決まった日に届き、中身にも嘘がないのは本当に良いです。毎年、家族みんなで楽しみにしています。

おせちを注文するなら、少しでも安く、量が多いものにしたいと思いがちです。しかし、少しでも不安を感じるなら、信頼のおけるお店が絶対に良いと思います。

気をつけて!安いおせちには理由がある

通販で半額でおせちを購入したものの・・

毎年おせちは通販で注文をしているのですが、今年は少しでも低価格で購入をしようと考えていました。そのため、通販で安いおせちを必死で探しました。

そしたら、通常の金額の半額で売られているおせちを見つけました。写真をみるとすごく豪華でしたし、家族4人分と書いてあったので迷うことなく注文をしました。

通常なら1万円するものでしたが、たった5,000円で注文することができました。

毎年1万円ちょっとするようなおせちばかり購入していたので、今年は半額で購入できすごく得した気持ちになっていました。

激安おせちを購入したら写真とまったく別物が送られてきた。。。

でも、届いてみて驚きました。中身がすかすかだったからです。しかも、中身がすかすかすぎて、いろいろなお料理がミックスされている状態で届きました。

いくらなんてもこれはひどい、と思いました。これをお正月に食べるなんて、すごく最悪な一年の始まりになりそう、と思ってしまったほどでした。

さすがにこれをお正月に食べることはできないと思ったので、結局前日にスーパーにおせちを買いにいきました。

写真を見るかぎり、こんなひどいおせちが来るなんて想像もできませんでした。写真ではすごくおいしそうだったので注文をしたのですが、本当に安いおせちには理由があると感じました。

全く写真を違うのです。量も少なく、中身がすかすかで唖然としてしまいました。

激安のおせちを購入する際は注意が必要!

少しでも安い金額ですませたいと思う人の気持ちもわかりますが、あまりにも安いおせちには裏があると思った方がいいです。

私は本当にびっくりしました。こんなに安いのを買ったのは初めてだったので知りませんでした。

少々高くても、お正月くらいはいいものを食べたいと思っているので今度から激安のものは買わないようにしようと心に誓いました。

通販サイトをみてみると、いろいろな値段のものが見つかりますが、あまりにも安いものは絶対に買うべきではないと勉強になりました。

味も微妙でしたし量も少なく、本当に失敗したと思っています。

失敗しない!おせちを通販で購入する際のポイント3つ

忙しい年末はおせちの購入がおすすめ

お正月には家族でおせちを味わいたいと思う家庭も少なくないことでしょう。我が家でも、以前はおせちを手作りしていましたが、最近は通販などで購入することも増えています。

何年も手作りを続けていると、次第にマンネリ化してしまうことや、お正月が近くなると、お正月料理に使う食材が値上がりすることもあり、材料費だけでもそれなりにかかってしまうものです。

また、普段忙しい人は年末になると、大掃除など、やるべきことは山積みになってしまうでしょうから、その上、おせち作りにかける時間は作ることがむつかしいというケースもあります。

最近では、インターネットなど通販でおせちを購入することも気軽にできるようになってきましたが、実際に届いてから、こんなはずではなかったと失敗しないために、おせちを通販で購入する場合に気をつけたいポイントをみていきます。

たくさんの口コミがあるサイトで検討するとよい

まずは、なんといっても、味の問題が重要です。見栄えのよいものでも、美味しくなければ、せっかくのお正月が台無しです。

でも、通販の場合には味見をするわけにもいきません。このような時に我が家で判断するための材料としたのが、口コミ情報です。

サイトによっては、口コミを数多く掲載しているところがあります。その口コミの評価が高いところは、もちろん、味などについて満足できることにもつながるからです。

口コミは通販にとっては、欠かすことができないといえるポイントです。また、価格の面でも注意が必要です。

 

クール便は送料が高額になってしまう場合もある

なかでも、送料については、我が家では決め手にもなる重要ポイントです。なぜなら、おせちの場合、クール便など、通常の送料に加算されることもあるので、料理以外にかなりの出費になってしまうこともあります。

でも、いろいろなお店を調べてみると、送料無料のところも結構あるので、我が家では、なるべくなら送料無料がいいと思って選ぶようにしています。

さらに、大切なポイントは、冷凍かどうか、という点です。解凍までの時間がかかる場合には食べる時に間に合うように気をつけています。

1人でも安心!1人前のおせち

1人暮らしの場合おせちを作るのは厳しい

私は小さいころ、お正月になると、母と祖母が協力して作ってくれるおせちが大好きでした。

市販のものとは異なり、やさしい味付けで、特に栗きんとんや煮物がとても大好きでした。

高校生ぐらいまでは毎年食べていましたが、高校卒業してから、私は東京に出て一人暮らしを始めました。

なかなか母や祖母の手料理を食べる機会もなく、お正月には必ず実家に帰り、おせち料理をはじめとした、母や祖母の手作りの料理を楽しんでいました。

しかし私も社会人になり、東京で暮らすようになると、なかなか実家には帰れなくなってしまいました。

スーパーで買うおせちは一つの量が多め

私が働いている会社は、お正月は忙しく、代わりにお正月を過ぎて世間が慌ただしくなるころから、お正月休みが始まります。

その時期になって、ようやく実家に帰ったとしても、すでにお正月料理はなくなっています。そのため私は社会人になって3年間、一度もおせちを食べることはありませんでした。

しかし去年の冬、その年も同じようにお正月に実家に帰れないことが分かっていましたが、たまには自分一人でもおせちを用意しようと考えました。

自分でスーパーなどで材料を買って詰めてみようかとも思いましたが、一つ一つの食材を見てみるとかなりの量が入っていて、すべてを食べることはできないと思いました。

1人前のおせちはインターネットなどで気軽に購入できる

そこで私が購入を決めたのが、1人前用のおせちです。私はインターネットで購入したのですが、3000円ほどの一段の重箱の中に、19品もの食材が入っているものでした。

1人前なので、残してしまうこともなく、3日もあれば食べきれるだろうと感じました。そしてこのおせちを11月に予約しました。

おせちが届いたのは12月30日でした。定番の栗きんとんやだて巻き、煮物やエビなど、小さいながらも定番の食材が一通り入っているので、とても豪華な気分を味わいました。

また見事な冷凍技術によって、解凍する際にもうまみ成分が流れることもなく、とてもおいしかったです。値段も手ごろで、また1人前おせちを購入したいと思います。

おすすめの重箱ってあるの?

重箱は丸い形のものが洗いやすくて良い

見た目の美しさだけでなく、手入れのしやすさなどの機能性でも選ぶ事ができるのが、おせちの重箱を購入する楽しさの一つです。

我が家は家族の人数も多いので、なるべく洗いやすさを重視して重箱を探して、角が丸みを帯びている製品を見つける事ができました。

角が丸くなっているために、汚れが角に溜まりにくいところも助かりますし、スポンジなどを使って気軽に洗いやすい素材になっている点も便利だと感じています。

お正月に親戚が集まる事が多い家庭は、洗い物の多さに悩まされる事になりますから、おせちを入れる重箱だけでも洗いやすさを重視しておいて正解でした。

 

利便性だけでなく見た目の可愛らしさも料理を華やかにしてくれる

ただ角が丸みをおびているだけなく、花びらをイメージした形の重箱も数多く販売されており、見た目の可愛らしさで気に入っています。

黒色や赤色などの豪華さを重視したものと比べて、可愛らしい見た目をした料理を中に入れやすいのも、花びらをイメージした重箱を選んで良かったと感じる点です。

お正月以外にもオードブルを入れるための箱として使いやすく、祝い事があるたびに活用しところも良いと思えます。

小さいサイズはそのまま冷蔵庫にいれておけるので便利

フタが透明になっている重箱も便利で、中にどういった料理が入っているのかフタの上から確認する事が可能です。

カジュアルなイメージを出しやすいところも気に入っており、料理だけでなくお菓子を入れるにも最適で、友達の家に遊びに出かける時にも役立っています。

少人数用なのでサイズも小さいために、料理を箱に入れたまま冷蔵庫にしまっておきたい時にも便利です。

天然の国産竹を使った重箱は、自然素材の温かみを感じられるデザインが素晴らしくて、野菜を多く使った料理を入れる箱として気に入っています。

竹で作られているので香りも良くて、自然の香りを堪能しながら、おせちを味わえるところも嬉しいです。

意外と油汚れにも強いために肉料理などを詰め込みやすくて、扱いに困る事はありませんでした。

見た目や香りの良さを基準にしながら、重箱を選ぶと楽しく買い物ができます。

おせち料理は、なぜ高い?

大失敗。半額のおせちで最悪なお正月に。

毎年おせちだけはケチらないようにしています。旦那の給料も安いので、普段は節約生活をしていますが、一年の最初に食べるおせちだけは高いものを購入しています。

一度ケチって安いおせちを購入したことがありますが、中身がすかすかで味もおいしくなくとんでもないお正月になったことがあります。

通常1万円で販売されているおせちが、そのときは半額以下となっていました。安いものが大好きな私は、すぐにそれに飛びついてしまいました。

でも結果最悪のお正月になりました。なんでここでケチるんだと旦那にもかなりいわれました。

おせちは縁起物だし手間のかかる料理が多いから値段が高い

子供もおせちが大好きで楽しみにしていたのに、お肉も全く入っていなく魚もおいしくなくてみんなかなりテンションが下がってしまいました。

それからおせちってなんで高いんだろう、とよく考えるようになりました。入っているかまぼこなども、普段は100円くらいで購入できるのにおせちに入っているものになると500円くらいに跳ね上がっています。

普段は低価格で食べられるものも、すごく高いです。きっと縁起物だから高いのだろうと思います。あと、手間がかかるものがすごく多いです。

黒豆の煮物なども自分で作ろうと思ったらすごく時間がかかります。私は料理が大嫌いなので自分で作ろうなんて思ったことは一度もありません。絶対にお店で購入をしてしまいます。

通販を利用すれば比較的安価なものが手に入る

でもいくら安くても1万円を切るものは絶対に買いません。少しでも安い価格で購入をしたいという気持ちはありますが、一度痛い目にあったので絶対にケチるのはやめようと思っています。

手間がかかるお料理ばかりで自分で作るなんて絶対に無理なので高くても仕方がないと考えています。安いものを買ったら後悔をするのは目にみえています。

でも通販だったら比較的低価格で購入をすることができるのでありがたいです。

美味しくて手間がかかるお料理が多く入っているので、おせちは高くても仕方がありません。縁起物ですし、食べるのが今から楽しみです。

おせち料理で絶対に外せない1品は何!?

おせちの定番はやはりだて巻き!?

私がおせちで絶対に外せない1品、それは伊達巻です。小さい頃はよく母方の祖母がお正月におせち料理を用意してくれていたのですが、私はその伊達巻が大好きで毎年楽しみにしていました。

もともと昔は好き嫌いが多く、卵料理もどちらかというと得意な方ではなかったのです。しかし不思議と伊達巻だけはいくらでも食べられ、祖母の料理の腕前もあったのかなと今では思っています。

色合い的にも、黄色の伊達巻は重箱の中で良いアクセントになってくれます。どうしても茶色や黒の食材ばかりだと食欲も湧かず、特に今の若い子どもたちは好まないでしょう。

現に私も今では2児の母となりましたが、自分の子どもたちもあまりおせちには興味がない感じです。ただ中に卵料理があると積極的に箸を運んでくれるので、やはり偉大な存在だなと実感しています。

筑前煮は代表的な郷土料理

それから、筑前煮も外せない1品です。私は九州の出身でそちらの方ではがめ煮と呼んでいますが、まさにふるさとの味といえる代表的な郷土料理になっています。

出身地の違う色々な友人などに話を聞くと筑前煮を入れるのは珍しいようで、最初は驚かれることも多かったです。

とはいえ私にとっては紛れもなく外せない1品で、お正月に帰省できなくても筑前煮の入ったおせちを食べるだけで懐かしさが込み上げてきます。

もちろん日頃の食卓にも作って並べることはあるものの、おせち料理としての筑前煮はいつもよりこだわってゴージャスにしています。

忘れちゃいけない。おせちのきんぴら

筑前煮に合わせて、金平もあると最高です。夫や子どもたちも根菜が好物なので、筑前煮のレンコンや金平の牛蒡は鉄板食材です。

先程も言いましたように私は小さい頃は好き嫌いが激しかったのですが、野菜の中で根菜だけは食感が好きでいくらでも食べられていました。

そう考えると私にとってのおせちとは、好き嫌いをなくすキッカケを作ってくれた料理だったのかもしれません。

市販の味には到底及ばない私の腕前ですが、また今年も伊達巻や筑前煮、金平の入ったおせちを頑張って作りたいと思います。

おせちに合うご飯や汁ものはなにがおすすめ?

おせち料理にはちまきがおすすめ

おせちを作ったり購入するときに、一緒に用意するご飯や汁物に迷ったことがある人も多いと思います。

実は私もその1人で、3年前に初めておせちを作った際に随分と悩んでしまいました。しかしそれから色々試行錯誤を繰り返し、私なりにオススメのおせちに合うご飯や汁物を見つけられたのです。

まずご飯の方ですが、ちまきがオススメです。ちまきというと端午の節句に食べるもので、そもそも食べたことすらないという人も結構いるかもしれません。

しかしちまきも立派なご飯ものの料理で、手間は掛かりますが見栄えも良く美味しいです。

お赤飯は翌日も食べられるので忙しい人におすすめ!

ちまきを試す前は年明けのお祝いという点も考慮し、加えて翌日でも美味しく食べられる赤飯を用意していました。

ただそうするとおせちに入っている品次第では、豆が重なったり塩辛かったりして合わない可能性があります。

現に我が家のおせちでは豆料理もよく入れる影響で、赤飯にまで豆が入っていると少ししつこくなってしまいました。

ちまきはその懸念がなく腹持ちもいいので、おせちのおかずだけでお腹が満たされないという男性にもオススメです。うちの夫も、大満足してくれました。

汁物はお雑煮の具をいろいろ変えてみると楽しめる

汁物は、何の捻りもないですがやはりお雑煮が一番です。普通のお味噌汁などはお正月感がなく味気ないですし、なかなか日頃作らないお雑煮が最適ではないでしょうか。

お雑煮は地域によって随分と趣向が変わりますが、我が家では味噌から出汁の味付けをし、焼いたお餅や揚げ豆腐を入れます。

お餅はおせちの中身に入れてもいいのですが、お雑煮の主役的な存在ですからそちらに使用するようにしています。味噌の風味は意外と何にでも合いますので、他の具材に左右されずに食べられて本当にオススメです。

あと私の実家ではシジミも入れており、お酒をよく飲んでしまうお正月に最適です。

おせちの中に魚介類を入れることはあまりないため、そういった意味でもシジミをお雑煮の中に入れておけばバランスが良くなります。以上が、私のオススメするご飯と汁物です。

おせちに合うおすすめのお酒3選!

おせちに合うお酒といえば?!

毎年お正月になると、離れて暮らす親戚たちが集まるので、家に総勢30名くらいで食卓を囲むことになります。

お正月といえば、おせち料理ですが、それを中心にして周辺に揚げ物やサラダを置いて華やかに彩るようにしています。

子供たちは揚げ物を中心にたべて、おせちはつまむ程度ですし、食べ終わった後はいつも外に遊びに行くので、食卓に残るのは大人ばかりになります。

お正月を祝いながら、おせちを食べて近況報告をしてくると、次第に会話が弾んできてお酒を飲みたくなってきます。

そこでいつも用意するのが、おせちに合う3種類のお酒です。1つは、沢の鶴の瑞兆という種類です。

おせちに入っている煮物など和食に合うすっきりとした飲み口ですし、お店で手に入れやすいのでいつも用意するようにしています。

意外と合う!?おせち料理には白ワインが美味しい

そしてもう1つは、日本で作られている登美ヶ丘という名前の白ワインです。ワインといえば海外メーカーのものがメジャーなイメージがありますが、さいきんの日本のワインは驚くほどおいしくなって値段もリーズナブルなところが気に入っています。

登美ヶ丘というワインは、和食にも合いますが、さいきん増えている洋風のおせちに合いますし、特に女性陣には日本酒やビールよりもワインのほうが好評なので用意をすることにしています。

少し辛口ですが、後味がすっきりしていますし、ワインならお正月なら飲んでもそれほど酔うことがないので人気があります。

私もワインを中心に飲みながらおせちを食べていますが、酔い過ぎないところが気に入っています。

やっぱりおせちには日本人なら定番の日本酒

そして最後のお酒は、越後鶴亀から販売されている純米酒の招福神という日本酒です。

ラベルに神様が描かれていて縁起が良いことから、年末から神棚に飾っておき、お正月になったら開けてみんなで飲むようにしています。

滑らかな飲み口なので、お酒が苦手だという人にも飲みやすいので、正月のお祝いの席にみんなで飲むお酒として重宝しています。おせちにも合うので、欠かせないものになっています。