おせち料理で絶対に外せない1品は何!?

おせちの定番はやはりだて巻き!?

私がおせちで絶対に外せない1品、それは伊達巻です。小さい頃はよく母方の祖母がお正月におせち料理を用意してくれていたのですが、私はその伊達巻が大好きで毎年楽しみにしていました。

もともと昔は好き嫌いが多く、卵料理もどちらかというと得意な方ではなかったのです。しかし不思議と伊達巻だけはいくらでも食べられ、祖母の料理の腕前もあったのかなと今では思っています。

色合い的にも、黄色の伊達巻は重箱の中で良いアクセントになってくれます。どうしても茶色や黒の食材ばかりだと食欲も湧かず、特に今の若い子どもたちは好まないでしょう。

現に私も今では2児の母となりましたが、自分の子どもたちもあまりおせちには興味がない感じです。ただ中に卵料理があると積極的に箸を運んでくれるので、やはり偉大な存在だなと実感しています。

筑前煮は代表的な郷土料理

それから、筑前煮も外せない1品です。私は九州の出身でそちらの方ではがめ煮と呼んでいますが、まさにふるさとの味といえる代表的な郷土料理になっています。

出身地の違う色々な友人などに話を聞くと筑前煮を入れるのは珍しいようで、最初は驚かれることも多かったです。

とはいえ私にとっては紛れもなく外せない1品で、お正月に帰省できなくても筑前煮の入ったおせちを食べるだけで懐かしさが込み上げてきます。

もちろん日頃の食卓にも作って並べることはあるものの、おせち料理としての筑前煮はいつもよりこだわってゴージャスにしています。

忘れちゃいけない。おせちのきんぴら

筑前煮に合わせて、金平もあると最高です。夫や子どもたちも根菜が好物なので、筑前煮のレンコンや金平の牛蒡は鉄板食材です。

先程も言いましたように私は小さい頃は好き嫌いが激しかったのですが、野菜の中で根菜だけは食感が好きでいくらでも食べられていました。

そう考えると私にとってのおせちとは、好き嫌いをなくすキッカケを作ってくれた料理だったのかもしれません。

市販の味には到底及ばない私の腕前ですが、また今年も伊達巻や筑前煮、金平の入ったおせちを頑張って作りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です