おせちにはそれぞれどんな意味があるの?

おせちにすべて意味が込められている

結婚してから5年おせちは作ったことがありませんでした。でも子供が幼稚園に入って、きちんと日本のおせちを知ってもらいたくて作ることにしました。

作るといってもほとんど出来合いを買って詰める感じですが、子供はとても喜んでいました。

一つづつの意味も教えながら一緒にお重に詰めました。小さいので教えても理解していない部分も多いと思いますが、毎年教えることで自然に覚えてくれたらなあと思っています。

おせち料理には縁起の良い意味がある

紅白蒲鉾は半円の形から日の出を表しています。紅はめでたさ、白は神聖の意味です。

栗きんとんは金色に輝く事から財宝の意味を持ちます。黒豆は元気に働けるように。

まめと言う言葉には元々丈夫や健康を意味があります。数の子はニシンの卵です。ニシンは多くの子を産むので子宝・子孫繁栄の意味があります。

伊達巻きの伊達は洒落たものの意味です。伊達メガネなどもここから来ているんですね。また形が巻物に似ているので知識が増えるように。

車エビは長寿の象徴です。お年寄りのように腰が曲がっているので、長生きできるように。昆布巻きは喜ぶにかけています。おやじギャグのようですが、言葉に引っ掛けている物も多いのです。

同じように鯛もめでたいから来ています。鯛もおめでたい事に多く使われる食材です。田作りはイワシの幼魚で作ります。

意外と知らないおせちには昔の人の願いが込められている

昔は田んぼや畑の肥料にイワシが使われていた事から、豊年豊作を願うものになっています。紅白なますはこちらも紅白という色で、めでたいことの意味合いです。ニンジン・大根で熨斗に付ける水引の形をかたどっています。

レンコンはレンコンの穴で将来が見通せるようにと言う意味です。ぜひ子供に食べてもらいたいですね。

まだまだ色々な食材がありますが、意外と知らないで食べていたものも多いです。

子供に教える事で、私も新たに知る事も多く勉強になりました。せっかく日本人に生まれたのだから、おせちを一つ一つ理解しながら食べるのも良いことですね。

冷凍おせちの美味しい解凍方法は?

冷凍のおせちは美味しくないイメージがある

いつもは解凍していない生のおせちを買うのですが、昨年は申し込みがたった1日遅れてしまったがために、狙っていた郵便局の商品が売り切れとなってしまいました。

ですので仕方なく冷凍おせちを注文してみることにしました。

イメージからいうと冷凍は美味しくないと思っていたので、年末を残念な気分で過ごすハメになってしまったと思っていました。

実際商品が手元に届いたもののどうやって解凍しようかなと思い解凍方法の説明書を読むと自然解凍と書かれていました。年末12月31日到着したのでまたカチカチに凍っています。

解凍する場合は暖房のはいっていない部屋に置くのがよい

とりあえず常温に戻そうと、暖房の入っていない部屋に梱包されたまま放置しておきました。

年明けの元旦の夕方に子どもたちがくるので、一緒に食べようと思い夕方まではまだそのままでした。

子どもたちがきてやっと段ボールをあけてみると、ほぼ自然解凍していましたがやはり冷たいです。

冬なので室温以上には当然なりません。冷蔵庫より少し暖かいくらいです。

そこで、温めて美味しいと思われる、魚、煮しめ等はレンジで温めました。いくら、数の子、酢の物はそのまま自然解凍でOKでした。

冷凍おせちはレンジ等で温めるとより美味しく食べれられる

ひとつずつを梱包袋の中から出して、お皿にのせてレンジで温めました。

おせちは作りおきが多いのでたいていは常温で食べていたので、温めたほうが美味しいものがあることを冷凍おせちを購入したおかげではじめて知りました。

子どもたちも冷凍と聞いてはじめはがっくりしてたのですが、温めた方がずっと美味しいと知って次からは冷凍おせちの方が割安でさらに美味しいし、お重に入れずに大皿にもれて好きに盛り付けれる楽しさもありました。

これからは、冷蔵で届くものが売り切れでも残念がらずに冷凍でどれが一番美味しそうで、値段も手ごろかをよく吟味して注文できると思うと、とても気楽で楽しみになりました。

冷凍おせちの解凍方法は、そのままもどせばいいものと、ある程度もどったら食べる直前にレンジで温めることが我が家の鉄則となりました。

冷凍のおせちと生のおせちはどう違うの?

冷凍のおせちは自宅に届くので手間が省ける

毎年おせちは私が作っていたのですが、数年前からは面倒になってしまい出来上がったものを購入しています。

ですが数か月前から予約をして、大みそかに引き取りに行くことにしていたのですがそれさえも面倒に感じるようになってきたのです。

というのも生のおせちの方が味も鮮度も保証されているようで、なんとなく生のものを購入していたのです。

ですが昨年の年末年始は家族全員が何かと忙しくなることもあって、冷凍のおせちを購入することにしました。

私としてはただ形だけでもおせちがあればいいか程度の考えだったので、正直味には期待していませんでした。ですが受け取りに行く手間もなく、解凍して盛り付けるだけだったので簡単で私の苦労はとても少なくなりました。

解凍をきちんとすれば冷凍おせちもおいしく食べることができる

家族には冷凍のおせちだとは伝えずに食卓に出したのですが、いつも以上にみんなよく食べていたのです。

何も伝えずに味の感想を聞くと、いつもよりおしいというのです。私も食べてみると本当においしくて、生のものとなんら変わりが無いのです。

野菜等の食感も気になっていたのですが、解凍までを計算して調理されているのか程よい歯ざわりが残っていました。

魚介類も生臭さもまったくなく、色味も美しく見栄えが良かったです。味付けも料理それぞれによってふさわしいもので、飽きることなく食べることができました。

結局毎年おせちは残ってしまうことが多かったのですが、この年は完食するほどだったのです。

おせちは生のものでしか使えない食材もある

冷凍と生の違いは、冷凍は料理によって個包装になっていたのでそれを盛り付ける手間がありました。

ですが盛り付ける場所は説明があったので難しいことはありませんでした。そのため手間はどちらも同じくらいか、ものによっては冷凍の方がかかるかなといった印象です。

生の方でしか使えない食材もあったように思いますが、それは言われなければわからないほどだったと思います。

我が家はとにかく便利でおいしかったので、事前に購入できるメリットを考え今後も冷凍のおせちを利用したいと考えています。

コンビニで買うおせちは美味しいの?

コンビニのおせちは少々値段がはるものの・・・

子供もいないし実家暮らしでもなく、夫と二人なので年始にはおせちを作るのも面倒だし、どうしようかなという気持ちを持っていた時にコンビニでおせちを購入することができるということを知りました。

予約が必要ということも知り、とりあえずパンフレットをもらってみてみると、とても美味しそうで豪華なおせちの写真だったので、かなり興味を持ちました。

値段は少し高いので悩みましたが、物は試しという気持ちで予約しました。当日受け取りに行く時に、期待する気持ちと本当に写真通り豪華な内容なのかなという不安な気持ちもありました。

実際に帰宅して夫と二人でドキドキしながら開けてみると、本当にパンフレットに掲載されていた写真通りでとても華やかで豪華な見た目だったのでとてもテンションが上がりました。

おせちは購入すれば美味しくて手間もかからない

しかし、問題は味だなと思ったし、コンビニで購入したということから不安にはなりましたが、食べてみることにしました。

夫と同時に食べて、つい顔を見合わせてしまったくらい美味しかったので本当にびっくりの一言でした。

まさかコンビニで購入したおせちでこんなに驚かされることになるとは思わなかったし、これなら自分で作るよりもはるかに美味しくて手間もかからないと感動しました。

コンビニで買うものは、味付けが濃すぎるんじゃないかなというイメージを持っていたので、日頃あんまりコンビニを利用することはありませんでしたが、食べたおせちは味付けも程よくて、濃すぎず薄いわけでもないという絶妙な味付けでした。

年に一度おせちを購入するのが楽しみになる

本格的なのは見た目だけではないんだなと思ったし、これから先はおせちはコンビニで買おうと決意したくらいです。

どのコンビニのおせちが美味しいのか食べ比べるのも楽しそうなので、来年は複数買ってみようかなと思っています。

年始にしか食べることができないというのは残念ですが、一年の楽しみが一つ増えたなと思っています。

勇気を出して買ってみることにして、本当に良かったです。

おせちにはどんな種類があるの?

おせち料理にはすべて意味が込められている

毎年、我が家のおせちは姑との合作で、まず姑が作ってくれるのは、煮豆、棒だら、ごまめ、きずし、酢の物です。

そして、私の担当は、高野豆腐、海老、たいの子、数の子、かまぼこ、これらを煮たり処理したりします。

この10種類に市販の物を足して奇数にします。風習とかで、偶数にすると割れるというジンクスがあるからです。

今の時代の人達は、このような事は余り気にせず、おせちの意味合いも余り知らないでしょう。

数の子やたいの子が子孫繁栄というのは知っているようで、長男のお嫁さんも十数年前には、せっせと食べていた記憶があります。それが効いたのか、今では3人の娘の母となっています。

作るのが難しい場合は購入を検討するのもよい

姑の煮豆は、具材を全てサイコロ状に細かく切り、豆は前日にふやかしておきます。

その味をもう40年近く味わってきましたが、昨年位から年齢と共に気力も衰え、作って貰えなくなってしまいました。

90を超えた人に甘えるのはやはり申し訳ないと、夫の姉と作ってみようということになりました。

ですが姑の味ではなく、材料も同じ筈なのに同じ味が出せないのです。結局、今年からは煮豆は断念し、市販のものにしようということになりました。

思えば、私は実母より姑に教わったお料理の方が多いような気がします。おせちではないですが、大晦日になると孫の為に、必ず鳥のから揚げを準備してくれていました。

お正月は空いてるお店が多いのでおせちは買う人が増えている

この作り方も、姑直伝で、私からお嫁さんへ引き継がれています。お醤油、玉子、生姜汁、片栗粉をまぜ、鳥に絡ませて寝かせておくというシンプルなものですが、この味も格別です。

一度友人に作って上げると、真剣にレシピをメモっていました。おせちは、昔から代々受け継がれていくものだと思うのですが、最近は購入する人の方が多いようです。

お正月三が日は、ほとんどのお店がシャッターを閉めている時代ではなく、元旦からデパートやスーパーでイベントなどをする時代です。買いだめしたり、おせちを作る意味がないのかもしれません。

様々な願いを込めて、たくさんの種類のおせちを作った日が懐かしい気がします。

おせちを3~4人で食べる場合どれくらい用意したらいいの?

おせちの量は家に滞在する期間できめるとよい

おせちは基本的に事前に全て準備したいので、どのくらいの量を準備するかは相当迷います。

でも、足りなくなると正月早々バタバタするのが嫌なので、基本的に多めに準備します。あとは、その年の予定によって量を変えます。

お正月にほとんど家にいないような予定の場合は、おせちを食べても1日分の3回、下手したら1回しか食べないこともあるので、そういう時には小さな2人用おせちに、好きなものを追加する程度の量を準備します。

お正月期間まるっと自宅で過ごす場合は、家族のお正月の予定を紙に書いて一覧にします。

予定の変更があった場合には、各自記入し直してもらいます。その予定表をもとに、どれくらいの量を準備するか頭を悩ませます。

冷凍できるものは早めに準備をしておく

先に手作りするもので保存の出来そうなものは多めに作ります。冷凍保存できれば3が日を過ぎても大丈夫なので、早めに冷凍庫に入れます。

あと、おせちの中でも好物はたくさん作ります。栗きんとんはさつまいも5本分くらい作ります。

甘いものは子どもがおやつでも食べるので、すぐになくなります。お肉やエビなどメインのものはおかわりが多いので、お肉500グラム、エビ20尾程度準備します。

煮物は普段食べ慣れているからか、余ることが多いので、量は少なめにして、飾り切りで豪華に見せるようにしています。

煮豆は、以前は一袋全部煮ていましたが、痛むのが早いので、少量パックのものを飾り程度に買ってくることが多いです。

かまぼこは高いものを1本奮発して買います。おせち以外にも、麺類や雑煮に使います。

毎年飽きないように新作を追加するなどの工夫をするとよい

あとは、おせちに飽きないように、毎年新作メニューをひとつ入れるようにしています。

新作メニューは人気が高いので多めに準備します。新作メニューは洋風のものが多いです。

これは、和風の味付けが多いおせちに飽きてしまった時にちょうどいいからです。

おせちが足りない時は、おもちの出番です。おもちを色々な方法で調理してだすと、みんな大喜びで食べてくれます。

作るのは大変!手間がかからずおせちを用意するには?

 

忙しい中おせちを作るのは厳しい

お正月と言えばおせち料理が必要と言う環境にいる人は少なくありません。私自身もその様な環境の中にいますので毎年対応をしているのですが、やはり作るの大変です。

どうすれば良いかを毎年悩んでいましたが、結局は時間をかけて作るしかないというのが現実でした。

そんな中検討していたのがお店で購入するという方法です。最近ではコンビニやスーパーでもおせち料理を購入できるようになっているので家族に相談をしてみました。

最初はあんまり興味を示してもらえなかったのですが、実際に値段を診てもらうとやっぱりうーんという感じになっていました。

実際に作るわけではない家族には作るの大変という気持ちがわかってもらえないようで少し残念でした。

最近のおせちは洋風などの好きなおかずがある

しかしながら最終的にはそんなに作るの大変なら一度買ってみようかという話になりました。

丁度ボーナスが出る時期ですし、お正月のお祝いなのでそれくらいはいいよねという感じで許してもらえました。

ただしせっかく買うならスーパーやコンビニじゃなくてちゃんとしたお店に頼みたいという家族の意見もあって、ちょうど近所に合った評判の良いレストランで買ってみようという話になりました。

私にしてみればおせち料理は決まったラインナップの料理と言うイメージだったのですが、実際に探してみると面白いおせち料理がたくさん見つかりました。

お目当てのレストランでは洋風のおせち料理として目を引くお料理が購入できる仕組みになっていました。

 

家庭では味わえないプロの味は満足度大

勿論コンビニやスーパーで購入することを考えると値段も高めなのは間違いないですが、それでも見る人をわくわくさせる魅力がありました。

こんな形で、私は近所のレストランで作ってもらったおせち料理を購入するという方法で手間をかけずに用意することが出来ました。

お金はかかりましたが、プロの味をゆっくりと家族で楽しめるのは結構よかったです。

家族からは私の機嫌も良くて楽しいお正月になったと言われたのでこの選択肢は大いにありだと思います。

おせちを買うなら冷蔵のものがおすすめの理由とは?

お店で購入するおせちは珍しい料理が楽しめる

おせちは以前は手作り派だったのですが、仕事を始めたこともあり、年末も忙しく、最近はおせちは購入で用意することが増えています。

購入するのは贅沢だなと感じたこともありましたが、自宅で作るのとはまた違うプロの味を楽しむことができますし、見た目の豪華さ、華やかさは新年を気持ちよく迎えるのにも役立ってくれています。

さらに自宅では作ることのできない手間のかかる料理、珍しい料理が楽しめるのも購入のメリットです。

おかげで、年末にバタバタしなくて良くなりましたし、元旦の準備もとても楽になりました。

おせちの冷凍タイプは保管場所に困る

最初に購入したのは、冷凍タイプのものでした。冷凍タイプは前日まで冷凍保存できるので便利だと考えていたのですが、冷凍庫が狭いと保管場所に困るということに気づきました。

お正月はおせちだけではなく、お肉類やカニなど様々な食材を買い込むこととなりますが、お正月までは冷凍保存しておくものも多いので、重い物か、保管のスペースが少なくなってしまったのです。

そして、解凍して食べたところ、美味しく食べられる料理もありましたが、根菜類や野菜料理などは冷凍したものはあまり美味しくないなと感じたのです。

そこで、最近は購入の際は冷蔵のものを選ぶようにしています。冷蔵庫のスペースさえ開けておけば保管場所に困ることもありませんし、解凍の手間がなく必要なときにすぐに食べられるのも便利です。

冷蔵タイプは見た目の美しさなどすぐ確認することができる。

そして、冷凍状態で届いた際は、解凍するまではあまり美しくないなと感じていたのですが、冷蔵タイプであれば、見た目の美しさもすぐに確認することができます。

冷凍タイプとは違い、冷蔵のほうが賞味期限が短くなる傾向にありますが、お正月前に届けてくれますし、3が日で食べきってしまうので、賞味期限の方は特に問題はありません。

盛り付けの手間はかかりますが、真空パックに入ったタイプであればより長期に持たせることもできるので、早めに用意しておきたいという人はこうしたタイプもおすすめです。

美味しい良いおせちを購入するならおすすめはどこ?

美味しいおせちを作るのは大変!購入するのがオススメ!

美味しいおせちを食べたいならやっぱり自宅で作ると言う人もいますが、正直に言って作るのは非常に大変です。

外で買ってそれで済ませることができるのであれば作り手としてはそれに越した事はありません。そんなわけで私の家では数年前からおせち料理は外で買ってくると言う習慣が始まりました。

いろいろと試してみましたが、スーパーやコンビニなどで購入することができるお節料理もそれなりには美味しかったです。

和食系以外のおせち料理を選ぶのも良し。

しかしながら支払ったお金以上の感動をくれたのは料理屋さんが作ってくれているおせち料理でした。

正直なところ安いものではありませんが、自分ではとても作ることができない創作おせち料理になっているところが面白いです。

どうせ外で買うのであれば自分では作れない美味しいものが欲しいと言うのが正直な気持ちです。

料理屋で購入するとは言っても必ずしも和食系のお店である必要はありません。それよりもむしろ好評なのは和食系以外のおせち料理です。

私の家だけかもしれませんが中華料理風の料理や恐怖のアレンジがされたおせち料理は普段なかなか食べることのできない食材が多く家族にも評判が良かったです。

型にはまらない創作おせち料理が今は主流

もともとおせち料理と言うのは忙しいお正月の期間中料理をしないで済むように作り置きをする保存食のような位置づけもあるのですが、料理屋で購入してくる創作おせち料理の中には日持ちしないものも少なくありません。

このような事情もありますので最近では美味しいお料理を食べるということを重視した選択をするようになってきました。お正月らしい、日本らしい料理にはもうあまりこだわっていません。

それでも毎年外から買ってくると昔食べていたあれが食べたいなどと言う意見も出てきますので、数品だけ自分で作って後はお店で買うと言う感じでお正月を過ごしています。

家族の好きなものだけ特別に作るのです。私の家庭ではこのような形でお正月を過ごしています。ゆっくりする時間も取れて個人的には気にいっています。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !